レーザー治療

お勧めのシミ対策

レーザー治療

024.jpg色々やってはみたものの全く消える気配のないシミや、とにかく早く消してしまいたいシミに何より有効的と思えるのが、専門機関でのレーザー治療です。

私の友人から実際にレーザー治療を行った体験談を耳にしましたので、ここでご紹介します。

20代の頃から外での作業が基本となる職業に就いていた友人が、30代に入ってから気になるようになったのが、こめかみ付近に出来てしまったシミでした。

酷く目立つ訳ではないものの、元から色白な肌に点在するシミは友人としてはかなり気になる存在だったようで、気が付いた時には美白ケアを徹底的に行う癖がついていたそうです。

ただ、化粧崩れを起こせば浮き上がって人目にもつき、どんなにケアを徹底していても何年も消える気配のないシミは、友人にとって相当なコンプレックスとなっていました。

そんな中で彼女が思い切って決断したのが、レーザー治療でのシミ対処です。
友人の職場の近くにある皮膚科には保険外診療の美容クリニック科があったため、そこで相談し、医師から実に丁寧な説明を受け、実際のレーザー治療を決心したそうです。

その病院ではQスイッチアレキサンドライトレーザーという機器が使われており、この機器は非常に短い時間レーザーが照射されるため熱は発生せず、目的のシミだけを光のエネルギーで狙い除去することが出来るとのことでした。

つまりレーザー治療とは、火傷と同じ原理でシミのある部分を焼くことで、シミをなくしてくれる対処法な訳ですね。
処置をした2週間後くらいにはシミがかさぶたとともにはがれ、シミのない素肌になれると医師からも説明を受けたようです。

根強いシミの場合には一度レーザー治療をしてもまた肌の深部から浮き上がってくることがあるそうですが、濃くても根っこが浅いものについては一度の施術で綺麗に処置ができるそうです。
また、レーザーは黒い色に反応するので、シミ以外の周囲の肌へのダメージは小さく、施術後すぐでも例えばメイクなども可能とのことでした。
肌に感じる痛みもについても、肌を輪ゴムでピンとはじく程度のものだそうです。

友人のようなケースの場合、必要とされる施術時間もとても短く(直径3mm程度のシミであれば4分ほどで終了)費用も薬代を入れて5,000円程度で済むとのことでした。
保険適応外とは言え、5,000円程度でずっと悩んでいたシミが消えるのであれば、私でも治療する決心がつくだろうなと感じました。

実際にレーザー治療をする際の流れについても、目にゴーグルをのせたら、あとは照射を待つだけで良いそうのだそうです。
レーザーが1回照射する度にバシッといった音が聞こえますが、音の割には痛みは殆ど感じられないとのことでした。

友人の場合照射数は全部で50ショットで、照射後は薬を塗って処置が終了したそうです。
(病院によっては肌色のパッチを貼ることもあるそうですが、この病院の場合は何も貼らずに乾燥させ、早くかさぶたができるよう促すそうです。)

処置が終わってから鏡で見てみると、シミのあったところだけが焦げたようになっていて、少し驚いたそうです。
ですが、最初に感じていたにぶい痛みもすぐになくなり、焦げたような見た目も化粧でカバーすることができたので問題なかったとのことでした。

レーザー治療の後は紫外線のダメージを受けやすいのため、紫外線対策は絶対的に行わなければなりません。
このことは私にも知識があったのですが、治療後に紫外線を浴びてしまうと余計にシミが濃くなってしまうため、友人も薬を塗った後の日焼け止めほか、UVケアはいつも以上に慎重に行ったそうです。

それから1週間を過ぎた頃にやっとでかさぶたが剥がれ始め、更に5日程経過すると自然にかさぶたが剥がれ落ちたとのこと。
剥がれあとはピンク色の肌が剥き出しの状態で少し不安もあったそうですが、更に1週間程経過
すると、赤みも完全にひいてシミのない綺麗な肌を実感したそうです。

友人の体験談を聞いて、即効性があり確実に対処できるレーザー治療は、消したいシミの数などによってはコストパフォーマンスが高くなると感じました。
シミ対策に用いる美白スキンケアは、改善が見込めるまでにトータルで何万円もかかってしまうこともありますので、絶対的に消したいシミがあるのなら、レーザー治療することが一番手っ取り早く、コスト面でも負担が軽いのではないかと思います。

ただ、注意したいのは、レーザー治療によってシミが悪化したり、肌荒れや傷ができたといった口コミも実際に存在するということです。
友人の場合は専門機関に恵まれたと言えますが、中にはいい加減な治療を行う専門機関もあるようですので、レーザー治療は信頼できる皮膚科などで行うことが大切と言えます。

また、施術後にUVケアを徹底して行う必要があることを考えても、レーザー治療を行うタイミングは秋から春手前頃までがお勧めです。
つまり、紫外線量の低い季節が狙い目という訳ですね。
また、季節柄マスクをしていても他人に違和感を感じさせない時ですので、顔にあるシミが目の下の範囲であれば、うまくマスクで隠せる利点も得られるかと思います。



以上3点、私なりに「これならば!」と思えるものを挙げさせて頂きました。
ここに挙げた対処方法については、あくまで私個人の考えからお勧めするものではありますが、もし私と同じく気になるものがありましたら、是非改めてチェックして頂ければと思います。